VS code 完全削除の方法

経験談

Pythonの初心者だった時、何も分からず、おすすめの拡張機能をインストールしていました。

拡張機能の効果も分からないままだったので、完全にアンインストールすることにしました。

VS code本体だけでは足りない

Windowの場合、「スタート」>「設定」をクリック。

「アプリ」をクリックしたら、「Microsoft Visual Studio Code」をアンインストールします。

しかし、この方法だとVSCode本体のみ削除されるため、拡張機能などは削除されません。

VS Codeを再インストールすると、ユーザ設定や拡張機能は削除前と同じ状態になります。

ユーザ設定や拡張機能を削除する方法

2つのフォルダを削除するだけです。

C:\Users\ユーザ名\.vscode
C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Code

上のフォルダが機能拡張関連のフォルダです。

下のフォルダがユーザー設定(settings.jsonファイル)や表示言語設定(locale.jsonファイル)になります。

AppDataフォルダが見つからないとき

AppDataは隠しファイルのため、初期設定では表示されません。

エクスプローラー上部にある表示をクリックして、隠しフォルダにチェックを入れてください。

隠しファイルが表示されるようになります。

上記の方法で、VScodeを完全に削除することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました